d-LinkMaker for PDF

d-LinkMaker for PDF Ver.5 とは

d-LinkMaker for PDFはPDF文書の文書内リンク、しおり、移動先を簡単に生成することができるAdobe Acrobatプラグインソフトウェアです。
事前にリンク情報を設定しておき、テキスト選択や矩形選択によってリンクを追加することができます。検索機能と併用することで、正確かつ効率的なリンク生成作業を実施することができます。リンク一覧画面より、リンクの確認、変更、削除が一括で可能です。また、リンク情報をCSVファイルでエクスポートやインポートもできます。
しおりの情報もフォント名、文字サイス、色等で条件に一致する文字列をしおりとして自動で設定できます。しおりの情報もCSVファイルでエクスポートやインポートもできます。
移動先情報もしおり、リンクから移動先の作成ができます。また、上記同様エクスポート、インポートもできます。

Ver.4からの新規機能追加:
しおりの自動作成
移動先からしおり
しおりの削除
しおりから移動先
リンクから移動先
移動先のエクスポート
移動先のインポート
移動先の切り離し
移動先の削除

 d-LinkMakerはこんなときに便利です     試用版・パンフレット・購入方法はこちらから

  • テキストサーチで対象文字列にリンクを追加したいとき。 (文字の色とリンク先の位置を任意に指定できます。)
  • イメージベースのPDFファイルに任意に矩形リンクを追加したいとき。
  • 散在するリンク情報を一覧で確認したいとき。変更、削除を一括で行いたいとき。
  • リンクのリンク情報を一括変更したいとき。(CSVでエクスポートし、Excelやテキストエディタ等で編集後、インポート)
  • しおり情報を新規に作成したいとき。
  • しおりのテキスト情報を一括変更したいとき。(CSVでエクスポートし、Excelやテキストエディタ等で編集後、インポート)
  • 移動先情報をしおり情報、リンク情報から作成したいとき。

主な機能

リンクの編集対象文字列にリンク作成機能予めリンク先を指定し、選択した文字列に、文書内リンク・ファイル文書リンク・Webリンクのリンク情報を追加します。
リンク箇所のテキストの色が変更でき、リンク先の位置情報に指定できます。
矩形リンクの作成機能予めリンク先を指定し、イメージベースのPDFファイルに任意に矩形リンクを追加します。

リンクの編集リンク情報の一覧表示PDF文書に付与されているリンク情報<リンクが存在するページ、リンク元テキスト、リンク先のページ(URL、メール、ファイルを含む)、リンク先のズーム(全体表示、実際の大きさ、幅に合わせる、描画領域の幅に合わせる、ズーム設定維持、倍率指定等)>を一覧画面で確認します。また、変更、削除が一括で可能です
エクスポート/インポート機能リンク情報をUNICODEのタブ区切り形式のCSVファイルでエクスポート/インポートする機能です。インポート時、リンク元、リンク先文字で自動検索できます。

しおりの編集しおりの自動作成フォント名、フォントサイズ、文字色等で設定した条件に一致する文字列を最大4階層「しおり」として自動設定します。
エクスポート/インポート機能しおり付のPDFファイルのしおり情報をCSVファイルでエクスポート/インポートする機能です。
しおりの文字色、スタイル、飛び先位置(XY座標)を、保存。また、追加できます。しおりのタイトルで自動検索します。

しおりの自動作成例

previous arrow
next arrow
Slider

移動先の編集リンク、しおりから移動先リンク、しおり情報から移動先を作成します。
移動先からしおり移動先(Named Destinations)情報から、しおり(Bookmarks)を作成します。
エクスポート/インポート機能移動先情報をUNICODEのタブ区切り形式のCSVファイルでエクスポートします。
インポートもできます。

必要動作環境

  • Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 8.1、Microsoft Windows 10で動作します。
  • Adobe Acrobat 8.0以上がインストールされていること。
  • インストールPCに対する Administrator (管理者) 権限が必要です。

ご注意
セキュリティがかけられた文書に対して実行することはできません。セキュリティを解除後、実行してください。
本ツールは、Adobe Acrobatのプラグインとして開発されました。ご利用の際は、Adobe Acrobat 8.0以上が必要となります。
UNICODE対応で、多国語言語(例:中国語、韓国等)に対応しましたが、URL、ファイル名称に、シフトJIS以外の文字は未対応のため、設定できません。
Acrobat以外で変換されたPDF文書等、表示できない場合があります。
添付ファイルに移動は、現在未対応です。
横書き、縦書きを自動で判断しますが、縦書きに横書きのアルファベット、Acrobat以外で変換された縦書きのPDF文書等、判断できない場合があります。その場合、「リンクの設定」の「文書の状態」で、縦書きにチェックすることで判断可能です。

Back to Top