d-FormChecker for PDF

d-FormChecker for PDF Ver.3 とは

公的機関への提出文書や企業内の長期保存資料として生成されたPDFファイルが、システム環境(OSや言語環境)の違いによる文字化けで解読できなかった経験はありませんか?

d-FormChecker for PDFは異なるOS環境、言語環境でのPDF閲覧を想定して、生成されたPDFがこのような環境下で正しく閲覧できることを確認する目的で開発されたツールです。

Ver.2.01からの新規機能追加:
UNICODE対応で、多国語混じりのPDF文書も表示可能です。
縦書き、横書きにも対応しました。
フォント一括チェックに、結果一覧を追加、ダイナミックにエラー箇所へアクセスできます。CSV出力もできます。
注釈表示を文字単位から連続文字に変更しました。
使用フォント一覧にチェック機能、結果一覧を追加、ダイナミックにエラー箇所へアクセスできます。CSV出力もできます。

d-FormChecker for PDFはこんなときに便利です     試用版・パンフレット・購入方法はこちらから

  • 公共機関に提出する申請資料、報告書等の提出事前チェックとして。
  • 企業内で長期的に保存が必要な文書、資料等は、Word,Excel等のアプリケーションファイルで保存するとアプリケーションやOSのバージョンの相違により正しく閲覧できない可能性があります。保存対象文書をPDFに変換した後の最終チェックとして。
  • Web-Site上に公開する情報では不特定多数のユーザによるアクセスが想定されるため、異なるアクセス環境を持つ不特定多数のユーザがアクセスしても閲覧できるようチェック用として。
  • 海外拠点との情報交換でPDFを使用する場合のチェック用として。
  • 文書作成規定をお持ちの企業様においては、フォントの種類、サイズが自社規定に準拠しているかのチェック用として。

主な機能

チェック条件の設定使用可能なフォント情報(種類、サイズ)を登録し、グループや企業内で共通の条件でチェックを可能にします。

フォントの一括チェックチェック範囲(ページ)を指定し、チェック条件に合致しないフォントを検出・違反箇所数をレポートします。また、検出された文字上に注釈「ハイライト」を生成し違反内容を表示します。

使用フォント一覧&チェック開いているPDF文書の使用フォント一覧を表示します。該当文字に注釈「ハイライト」を生成してマーキングを行います。同時に、フォントチェック結果一覧を表示します。また、埋め込まれていないフォントのチェック(閲覧できない可能性を有するフォント)も可能です。

必要動作環境

  • Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 8.1、Microsoft Windows 10で動作します。
  • Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.5以上が必要です。
  • Adobe Acrobat 8.0以上がインストールされていること。
  • インストールPCに対する Administrator (管理者) 権限が必要です。

ご注意
セキュリティがかけられた文書に対して実行することはできません。セキュリティを解除後、実行してください。
UNICODE対応ですが、Acrobat以外で変換されたPDF文書等、表示できない場合があります。
横書き、縦書きを自動で判断しますが、Acrobat以外で変換された縦書きのPDF文書等、判断できない場合があります。

Back to Top