電子詳細調査票 eSS生成サービス

電子詳細調査票(eSS)とは

有害事象・副作用の報告を受領後、より詳細な情報を収集するために詳細調査票の記入を医療関係者に依頼する場合があります。この詳細調査票は、各社各様であり主に紙で配布される場合が多く、多忙を極める医療関係者にとっては、詳細調査票の記入に際してわかりにくい、管理が煩雑であるなどの意見がありました。
eSSは、このような状況を少しでも改善するために、調査を依頼する詳細調査票を電子化(PDF化)し、起票の利便性や入力時の論理チェック等を実装したソリューションです。
弊社製品:副作用収集・管理システム(AE-Connect)のオプションとして使用すると、電子連絡票との紐づけができ、詳細調査票の起票依頼の回収状況も一元管理でき、円滑な安全管理業務の実現に寄与できます。
eSRは、電子詳細調査票(製薬協モデル)を標準としますが、各社で独自の詳細調査票様式をご利用されたい場合、電子詳細調査票に変換するサービスも含まれます。

パンフレットはこちらから 電子詳細調査票_eSS

eSSの特徴

  • 普及率の高い携帯端末(iPhone, iPad, Note-PC 等)を用いるため新たなインフラが不要。報告するための場所を問いません。(歩きながら(移動中)、休憩中、自宅から、食事中・・・)
  • 標準的な電子ファイル形式(PDF)を採用しているため、特定のシステムは不要。
  • 入力は、選択方式(日付のカレンダー入力、プルダウン選択、チェックボックス、ラジオボタン等)を多用しているため回答も容易におこなえます。
  • 入力情報について論理チェックが機能し、項目間の不整合や入力漏れが防げます。
  • 各社で保持する様々な様式に対応可能です。
  • 個別症例報告(AE-Connect)との連携することで、進捗管理が可能です。

サービス概要

各社で利用中の詳細調査票の様式を入力フィールド付PDFに変換します。調査票の出力、持参・依頼、回収・郵送等の煩わしい紙運用の運用から解放されます。また、電子化により判読できない手書き情報の対応からも解放される。
入力フィールドは入力の利便性を考慮し設定します。日付のカレンダー入力、リストボックス選択、チェックボックス選択、ラジオボタン選択、フリーテキスト等項目毎に設定可能です。
入力項目のデータチェック機能として、項目毎に論理チェックを配置し、入力漏れやデータ不整合を排除します。論理チェックは、ご依頼に際し、別途定義書を作成いたします。
eSS固定機能により、入力後の不当な修正や改ざんを防ぎます。(権限に応じてロック・解除が可能です。)
収集した電子詳細調査票のデータを抽出(出力)する場合は、別途ツールが必要です。ご相談ください。

運用イメージ

PDFに付加される主な機能

機能名称機能概要
入力方式eSSへの機能実装に際し、対象調査票のデータ項目定義書に従い各項目の入力方式を設定します。データ項目定義書は、実装前までにご提供いたします。
入力ガイド機能入力者の支援として、入力が煩雑な個所や入力ミスが起こり得る箇所に任意の入力ガイドを配置できます。(配置する箇所は、事前にデータ項目定義書で正義します。)
ロジカルチェック機能入力項目毎に必須入力、日付の様式・整合性、項目間の論理チェック等を実装できます。
事前にチェック仕様書を定義し、合意の上、実装します。
ロック・アンロック機能(固定・解除)eSSの所定のページに「固定」ボタンを配置し、ボタン押下以降は、入力された情報の修正は不可とします。(利用権限でアンロック(解除)できます。)
電子署名機能電子詳細調査票にて電子署名を行う場合、Adobe Signの利用が適用されます。
他社の電子署名システムを利用する場合、ご相談ください。
データ抽出機能電子詳細調査票毎にデータを抽出する場合、別途提供されるツールにてCSV形式で出力可能です。複数の電子詳細調査票毎を一括で処理する場合は、ご相談ください。

必要な環境

アプリケーション• Adobe Acrobat Reader
• Adobe Acrobat (Standard, Pro)
※ Webブラウザ(Chrome、Edge、Safari等)では正常に動作しません。
OS• Windows10以降のPC
• MacBook Air M1チップモデル